職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

履歴書の記入例

扶養家族欄

履歴書には扶養家族という欄があります。これは、独身であれば扶養家族の数は0でいいですし、配偶者欄にも無にチェックをつけるようにします。

当然ですが、配偶者の扶養義務欄についても未記入とします。チェックを入れる必要はありません。なお、未婚の妻や子供がいるといったような特殊な事情がある場合、扶養家族数に配偶者を除く人数の記入をすることが出来ます。

これは、結婚していないとしても、同棲しているのであれば配偶者と見なされるからです。また、子供がいる主婦が仕事をしようと思った場合、夫の収入で必要十分であれば、扶養家族数を0人、配偶者を有、配偶者の扶養義務を無にするようにします。

もしも夫が何らかの事情で無職だったり、専業主夫である場合については、扶養家族欄には配偶者を除いた子供の数を書くようにしましょう。それから、配偶者は有、配偶者の扶養義務は有にチェックを入れるようにしましょう。

こういったことは少し考えてみるとわかることだと思いますが、意外にも勘違いしてしまうことが多いですので注意しましょう。また、仮に記入する際に間違いがあった場合、何かの拍子で経歴詐称となってしまう可能性も0ではありませんので、その点については注意しなければなりません。

自分のことですから、しっかりと偽りのないように記入するようにしましょう。配偶者、扶養義務などについては、保険なども絡んでくる重要なポイントとなりますので、わからなければ、とりあえず調べてみて間違いなく記入できるようにしましょう。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved