職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

履歴書の記入例

趣味・特技欄

履歴書における趣味や特技欄については、趣味はどういったものとなるのか、また休日をどのように過ごしているのかなどの、自らの日常生活においての人間性を伝えるための欄となります。

また、面接時については、趣味やスポーツの話題などがその場の雰囲気を和ませるためにも役に立つものとなります。ですので、できるだけ詳しく書くようにしてあげてください。

単純に趣味がどれ、スポーツはこれといった書き方では素っ気無い印象を持たれることになるでしょう。例えば、趣味がインターネットであるならば、毎日ニュースサイトをくまなくチェックしています、音楽鑑賞であれば、J-POPを中心によく聞いています。

また、テニスであれば毎週土日にサークルで活動しており、試合にも月に1回は出るようにしています、といったように、どういった状況で趣味を楽しんでいるのかがわかるように書きましょう。特技欄についても、いつからやっていて、どれくらいのレベルであるのかについて書いておくと、面接官も興味を持ってくれやすいですし、話しやすくなると思います。

ただ、これらについては嘘のないように書きましょう。仮に嘘を書いたとしても、すぐにばれる可能性があります。例えば、聴いてもないクラシック音楽を聴いていますと書いたとして、面接官がクラシックが大好きだとしたら、その時点でアウトになる可能性もあります。

他人からくだらないものと思われても、自分にとっての趣味や特技がしっかりとあるのであれば、それを恥ずかしがらずに書くようにしましょう。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved