職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

職務経歴書のポイント

面接を意識して

職務経歴書を書くときの重要なポイントとして、面接を意識して書くというところがあります。これは、面接になったときには、履歴書はもちろんのことですが、職務経歴書の内容も合わせた上で面接が行われます。

内容としては、これまでの会社における職務内容や、その経験のレベル、そしてコミュニケーション能力や協調性がどのくらいのものであるか、自社にふさわしい能力を持っているか、またはふさわしくなる可能性を秘めているかというところを採用担当者は見ているのです。

いざ面接をするときに、自分が書いた職務経歴書の内容を覚えていなければ、間違いなく適切に面接に対応することは不可能です。ですから、会社に提出する前には、資料のコピーをあらかじめとっておくようにして、面接の前にはそれらをしっかりと確認するようにしましょう。

採用担当者は、まずは書類を見た上で実際にそれについての質問をして、更に掘り下げて質問をしてきます。ですから、書類に何も書かれていなければ、当然質問もありませんし、何もアピールすることが出来なくなります。

まとめますと、自分が職務経歴書に書いたことについては、しっかりと説明できるようにしておくことが大切です。能力、経験、仕事に対しての取り組みなどについて、具体的な出来事、数値などを交え説明できるといいでしょう。

それから、いざ面接で書かれていることの質問に答えたときに違和感が出ないように、誇大表現にならないようにしっかりと注意して書くようにしましょう。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved