職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

職務経歴書のポイント

読む人の立場に立って

職務経歴書を書く際のポイントとして、読む人の立場にたって書くことがあります。これは、当然といえば当然のことですが、非常に重要なことです。企業における採用担当者は、毎日大量の職務経歴書に目を通しています。ですので、職務経歴書を見比べたくなくても見比べてしまうわけです。

そうなると、当然読みやすい、しっかりと書かれているといった職務経歴書の人に会ってみようと思うかと思います。ですから、採用担当者に会ってみたいとか、採用したいと思わせられるような職務経歴書にしましょう。

採用担当者の立場に立って書くことが非常に重要となります。まず、用紙ですがA4サイズとし、文字も読みやすい大きさにしましょう。そして、用紙は2枚までとします。

これは、枚数が多すぎるとまとめる力がないと思われるからです。更に、文章は簡潔で読みやすいものとして、誤字脱字、敬語の間違いなどのないようにしましょう。また、略語は使用せずに、正式名称できちんと書くように心がけましょう。

レイアウトは、重要とされる部分に目の行きやすいものとしましょう。そして、企業が求めている仕事が出来ることがアピールできるように、しっかりと職歴や持っている資格を書くようにしましょう。

そして、志望動機や自己PRは、仕事の実績や成果、それから自分の仕事に対しての姿勢といったものを、出来る限り具体的な数字、そして出来事などを織り交ぜて書くようにしましょう。客観的に見たときに、読みにくいと思われるものはNGです。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved