職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

職務経歴書のポイント

スキルが足りない

スキルと単純に言っても、相手がどういったスキルを求めているかをしっかりと把握した上でアピールするようにしなければいけません。そのためにも、会社についての把握をすることが絶対条件となってきます。

そもそも、最初からスキルが足りないのであれば、自己PRなどによってやる気をアピールするしかないと思いますが、スキルがあるのにもかかわらず、職務経歴書における記載がされておらず、結果として評価されていないというケースがよくあるようです。

採用担当者に対して、自分のスキルをしっかりとアピールしたいのであれば、全てのスキルを書いているとどうしても長くなってしまいますので、募集要項をしっかりと理解したうえで、求められているスキルや人物を想定した上で、自身のスキルのアピールをするようにしましょう。

こうすることによって、採用担当者はほしいスキルに対して、自分が適正であるかどうかの判断をすぐに行うことが出来ますし、スムーズに面接に進むかどうかの判断をしてもらえるわけです。

無駄なことばかり書くよりも、ポイントを絞って、的確に書かれているいかにも読みやすい職務経歴書を作れるようにしましょう。そうすることによって、自分にも相手にも大きなメリットを与えることが可能になると思います。

自分の伝えたいことを伝えるのは大切なことですが、それによって相手を不快にさせることのないような職務経歴書を作ることが出来るようにしましょう。それが出来れば、面接もうまくいく可能性がアップすると思います。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved