職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

面接について

落とす目的ではない

どうしても面接となると、採用の機会の方が圧倒的に少ないために、落とすための試験であると捉えられることが多いですが、そうではありません。面接官は、私たちは敵ではなく味方として見てほしいということをいいます。

本来、面接というものは、受験者の能力、個性を知って、会社に合うか合わないか、また会社にとってマイナスなのかプラスなのかの判断を総合的に判断して採用を決めるものです。なので、採用に至らなかったとしても悲観する必要は何もありません。

一種の社会勉強というくらいに思っておくといいと思います。それに、よく何十社も受けて面接にひとつも合格しないと嘆いている人もいますが、これは逆に考えるようにするといいでしょう。

つまり、自分という人材が会社に会わなかっただけと考えるのです。もっと合う会社が絶対にあると思ったら、それだけで元気が出てくると思います。

面接官の立場からしてみても、面接希望者は自分の会社に入りたいと言ってくれている貴重な存在であることにはなんら変わりはありません。出来ることならば全員採用したいと思っているはずです。

しかし、残念ながらそういうわけにはいかないので、ある種のふるいにかけているわけです。とにかく、面接に落ちたからといって落ち込んでいる時間があるのであれば、次の会社こそが自分にふさわしいと思い、いつも前向きになって面接に望めるようにしましょう。その気持ちがあれば、面接もきっとうまくいく時が来ると思います。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved