職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

面接について

面接のマナー

面接の当日は、履歴書や職務経歴書を参考にしたうえで話が進んでいきます。面接では、筆記試験などでは判断できないような人間性を見られることになります。最初に言っておきますが、遅刻は理由が何であっても論外になります。

最低でも面接の当日は10分前には着いて手続きも済ませておくようにしましょう。それから、面接から帰ったときには、メールや手紙でお礼を送るようにしましょう。面接は、まずはノックすることから始めましょう。

一般的なマナーとしては、どうぞという面接官の声がかかったら、ゆっくりとドアを開けるようにしましょう。それから中に入って、静かにゆっくりとドアを閉めて、面接官に一礼してください。それから、椅子のある位置まで進んでいき、椅子のある位置で立ったまま氏名を名乗り、よろしくお願いしますといいましょう。

面接官に、おかけくださいといわれるまでは着席しないようにしましょう。それから、退室時のマナーですが、ありがとうございましたというときには、座ったままで会釈するようにしてください。

それから立ち上がって、本日はどうもありがとうございました。どうぞ世炉即お願いします。と深々と頭を下げてドアのところまで戻りましょう。ドアに戻ったら、そこで立ち止まって、もう一度面接官の方を見て軽く一礼するようにしてください。最後に、ドアを開けて退室するようにしてください。

また、お辞儀についてですが、これは角度などを気にする人がいますが、それほど気にする必要はありません。自然にやっていれば適切な角度になると思います。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved