職務経歴書のポイント

基礎知識

職務経歴書のポイント

面接について

履歴書の記入例

履歴書の書き方

職務経歴書のポイント

面接について

やってはいけないこと

面接の際には、やってはいけないことがあります。せっかく履歴書や職務経歴書が完璧だとしても、肝心の面接がおろそかでは全く意味がありません。これから挙げる点には十分に注意をするようにしてください。まずは、貧乏ゆすりをすることです。

これ以上にマイナスイメージを与える点はありませんので、しっかりと直すようにしてください。それから、自分のことを知ってもらおうとはりきるのはわかるのですが、喋りすぎだと、かえってマイナスイメージに取られてしまうことがありますので注意するようにしてください。

当然ですが、無口過ぎるのもいいことはありません。また、どうしても入社したいがために他社と比較して悪口を言う人がいますが、これは面接官からすると良いイメージはもたれません。

それよりも、他社と比較したときに、御社はこのような良い点があるという風に言ったほうがいいでしょう。それから、集団面接などで自分が言おうとしていることを先に言われた場合、私もそう思いますといった内容の発言は避けましょう。

そうなると、どうしても主体性がないと取られてしまう場合もあるからです。どうせならその意見に更にプラスして答えるようにしましょう。また、何か自分にとってマイナスになっていることを聞かれた場合に、どうしても言い訳がましくなってしまうことがありますが、正当な理由ならば問題ありませんが、場合によってはマイナスイメージしか持ってもらえません。ですので、時には潔く答えるということも重要になります。

スポンサードリンク

 

Copyright (C) 職務経歴書のポイント All Rights Reserved